アクティナード
思うが儘を書き綴るブログ
ソフトボール

【ソフトボール】投手の投げ方の種類を紹介。特徴をまとめてみた

ソフトボールの投手

野球のピッチャーには「オーバースロー」「サイドスロー」「アンダースロー」といった投げ方がありますが、ソフトボールのピッチャーはどうでしょうか?

「えっ!?ソフトボールは下手投げ一本でしょ?」と思っている人がほとんどでしょうが、ソフトボールのピッチャーにも投げ方の種類があるのです。

今回は、それぞれの投げ方の特徴を紹介し、「YouTube」であげられている動画なども紹介していきます。

ソフトボール投手の基本「ウィンドミル投法」

ウィンドミル投法の「ウィンドミル」とは風車のことで、腕を回してボールを投げるソフトボールのピッチャーの投げ方を表した、基本的な投法です。

ウィンドミル投法とはどのような投げ方なのか、投げ方のコツなどを紹介します。

ウィンドミル法の投げ方とは

腕を大きく一回転させて投げる投法で、スピードボールを投げる事に特化した投法です。

日本女子ソフトボール代表のエース「上野由岐子」投手もこの投法で、変化球のキレも生まれやすいとされています。

最もポピュラーな投法と言われていますが、ダイナミックな投法でスピードボールを投げる、そしてそのボールをコントロールするまでにはかなりの時間を要します。

投げ方のコツとしては、肩を軸に腕を一回転させる、その際、腕には力を入れず、力をしっかりと抜いた状態にする事が大切です。

ウィンドミル(風車)を彷彿させるように、大きく腕を回して大きな風を起こすイメージで投げましょう。

「ウインドミル投法」の動画を紹介します!

この動画のピッチャーの右腕が大きく回っており、腕の力も抜けている事がわかります。

コントロールを意識するあまり、腕が縮こまらないように気をつけましょう。

ウインドミル投法に重要なのは「ブラッシング」

ソフトボールでピッチャーをやるとなると、自然とウィンドミル投法になるはずです。

それくらいソフトボールにおける一般的な投法ですが、実はこのウィンドミル投法、なかなか難しいのです。

ウィンドミル投法は「スピードボールが投げられる」「変化球のキレが生まれる」と話しましたが、これを可能にするのが「ブラッシング」です。

ブラッシングとは、大きく回した腕を腰部に接触させることで、リリースの時に手首が素早く返り、ボールへ力が伝わりスピードボールが投げられるのです。

又、勢い良く回った腕を腰部に当てて、急ブレーキをかける事で、手首に鞭のように鋭くスナップが効くので、変化球のキレも増すのです。

ウィンドミル投法を身につける際には、「ブラッシング」の事も頭に入れておきましょう。

「ブラッシング」を分かりやすく紹介した動画があります。

動画製作者は恥ずかしかったのかな!?一言も発せず黙々とブラッシングのポイントを動きで伝えています(笑)

しかしこの動画、とても分かりやすくブラッシングの位置やポイントを説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

由来はパチンコ!?「スリングショット投法」

腕を大きく回してその遠心力を利用してボールを投げる「ウィンドミル投法」に対して、「スリングショット投法」は、腕を後ろに引き、前に突き出す腕の力(反動)を利用して投げる投法です。

腕を後ろに引き、その反動を利用する姿から「ゴム式のパチンコ」を連想させます。(元々、スリングショットはゴム式のパチンコを意味します(笑))

ゴムを後ろに引っ張り、それを話した反動で小石などを遠くに飛ばすイメージです。

スリングショット投法の投げ方や、コツを紹介します。

スリングショット投法のメリットとは!?

「スピードボールが投げられる」「変化球のキレが生まれる」というウィンドミル投法に比べて、スリングショット投法は「球速が出ない」「変化球も投げにくい」です。

「はっ!?全然メリットないじゃん!」という声が聞こえてきたので、早速スリングショット投法のメリットを紹介しますね(笑)

スリングショットの最大のメリットは「バッターのタイミングを外す」という点です。

投球フォームに入る際、重心を低くしながらボールを持つ腕を後ろに引くので、バッターからすると、「いつボールを投げるのか!?」と、分かりにくい部分があります。

スリングショット投法に向いているピッチャーは?

バッターのタイミングを外し三振や凡打を打たせることに特化した「スリングショット投法」は、重心を低く構えるので比較的小柄なピッチャーや、足腰や下半身への負担が加わるので、下半身の筋肉が強い人が向いていると言えます。

又、スリングショット投法もウィンドミル投法と同様、「ブラッシング」の技術が必須になります。

スリングショット投法の動画を紹介します。

こちらの動画では、スリングショット投法の投げ方を消化しながら、文字表記でコツやポイントを説明しているので、スリングショット投法の練習を行う人にとっては、とても見やすい動画です。

スリングショット投法の派生「エイトフィギュア投法」

先ほど紹介した「スリングショット投法」の派生で「エイトフィギュア投法」という投げ方があります。

体を左右に振り、その反動の力を利用して投げる投法で、この時の腕の動きが「8の字」を描く動きに見える事から「エイトフィギュア」という名前がつきました。

そんな「エイトフィギュア投法」の投げ方やコツを紹介します。

エイトフィギュア投法のメリットは!?

エイトフィギュア投法のメリットは、スリングショット投法と同じで、バッターのタイミングを外す事に特化しています。

デメリットも同じで「球速が出ない」「変化球も投げにくい」ということが挙げられ、尚且つ、「体をねじる」「重心を低くする」「8の字を描く複雑な動き」という点も「投げにくさ」に繋がっていて、この投法のピッチャーは絶滅危惧種になってきています。

「投げにくい=投げるピッチャーが少ない」という事は、当然バッターにも免疫がないので、急にこのようなピッチャーが出てきた時には振り回されるでしょう。

エイトフィギュア投法の良い動画が見つからなかったです。すみません。

まとめ

ソフトボールのピッチャーで一番オーソドックスな投法は「ウィンドミル投法」です。

しかし、野球の上手投げとは違い、オーソドックスな投法でもマスターするのにはかなりの時間を要します。

今回紹介した3つの投法で共通している事は「下半身の強さ」と「ブラッシング」です。

ソフトボールは野球を気軽に楽しめるために考えられた「レクリエーション」とも言われていますが、ソフトボールのピッチャーを務めるという事は相当な努力が必要だという事がわかります。

下半身の負荷も大きく、体や肘、手首のねじりも多いので怪我を防ぐためにも、投球練習だけでなく、筋力強化なども取り入れていきましょう。