アクティナード
思うが儘を書き綴るブログ
ひな祭り

桃の節句の食べ物の意味は?縁起の良い食べ物で幸せ祈願!

ひな人形

3月3日は、女の子の健やかな成長と幸せを願ってお祝いをする桃の節句ですね。桃の節句行事は、厄払いの意味もこめ雛人形を飾るひな祭りで知られています。

桃の節句のお祝いでは、古くからの風習で食べられる料理がありますが、代表的な料理をあげてみます。

  • ちらし寿司やはまぐりのお吸い物
  • 白酒(代用に甘酒)
  • 菱餅やひなあられ

これらの料理は、桃の節句の日には当たり前のように食卓に並ぶことが多いですね。でも「どうして桃の節句にちらし寿司やはまぐりを食べるのか」と疑問に思いませんか?

桃の節句に食べる食べ物は、すべて縁起の良い食べ物が選ばれていて、それぞれに女の子の幸せを願う意味が込められているのだそうです。詳しくご紹介していきますね。

桃の節句の食べ物 ちらし寿司の具材に込められた意味

ちらし寿司
桃の節句の献立には外せないちらし寿司ですが、桃の節句に限らずお祝い行事にはよく食べられていますね。元々、桃の節句の時にちらし寿司を食べる風習はなかったといいます。

ちらし寿司には縁起の良い意味がある具材が多く使われていて、見た目も豪華で華やかさがある事から、女の子のお祝い行事にもぴったりということで、桃の節句にも食べられるようになりました。

また、多くの種類の具材を使うのは、一生食べ物に困らないようにという願いが込められているのだそうです。使われている具材にもそれぞれ意味があるので、主なものをご紹介します。

海老

クの字に曲がった姿から、「長寿」の意味があります。腰が曲がるまで長生きできるようにとの願いが込められているようです。縁起の良い食べ物なので、おせち料理にも長寿の意味で使われていますね。

レンコン

レンコンには穴が開いていて、向こう側が見えることから、見通しがきき将来の生活が安定するという意味があります。

上に散らしてある豆

豆には健康でマメに働くという意味があり、体を丈夫にして、安定した仕事ができるよう願いが込められています。おせち料理に使われるのは黒豆ですが、似たような意味で使われていますね。

桜でんぶ

キレイなピンク色の桜でんぶは、桃の花を表しているといわれています。桜でんぶは見た目を華やかにするために使われますが、桃の木には邪気を払う力があるという古くからの言い伝えがあり、邪気払いの意味も込められています。

桃の節句の食べ物 はまぐりは良縁祈願

蛤
ちらし寿司同様に桃の節句料理に欠かせないのが、はまぐりのお吸い物ですね。はまぐりは二枚貝といわれる貝です。アサリやシジミもそうですが、二枚貝は貝殻が対になっています。

対になっている貝殻同士でなければ、ぴったりと合わないことから、一生添い遂げられるような相手と結婚できるようにという良縁祈願の意味が込められています。

女の子が生まれて、まだ赤ちゃんの時から良縁を願うなんて親心が伝わってきますね。

桃の節句の食べ物 白酒(甘酒)は邪気払い

白酒
白酒はアルコール度数が結構高めの(約10度)お酒になります。蒸したお米や麹をみりんと混ぜて1か月程かけて熟成させて出来上がるお酒ですが、なぜ桃の節句の時に飲まれるようになったのでしょう?

白酒が飲まれるようになったのは江戸時代からになります。それまでは、桃の花びらを漬け込んで作る桃花酒(とうかしゅ)が主流でした。中国では桃には邪気を払う力があるといわれていたため、邪気払いの意味を込めて飲まれていたものが、日本にも伝わったそうです。

桃花酒より白酒の方が作りやすかったため、次第に白酒を飲む風習に変わっていったといわれています。

ただ、子どもはお酒が飲めませんし、大人でもアルコールが苦手な人のために、白酒の代わりに甘酒を用意するようになりました。今や、甘酒は美容健康に良いと若い女性からの人気が高まっていますよね。女の子のお祭りにぴったりな飲み物ではないでしょうか。

桃の節句の食べ物 菱餅の3色 それぞれの色には意味があった

ひな祭りの餅
桃の節句のイメージで思い浮かべる人も多く、ひな祭りには欠かせない菱餅。ひし形をしていて、下から緑、白、ピンクの3色を重ねたお餅です。重ね方は地域によって多少違いはあるようです。

菱餅の3色それぞれの意味

菱餅の3つの色には具体的にどのような意味が込められているのか、1つずつ見ていきましょう。

ピンク色

桃の花をイメージしているそうです。邪気払いや魔除けの意味があります。また、着色料として使われているのがくちなしの実です。解毒作用があることも邪気払いの意味になっています。

白色

白は清浄を意味しています。また、白い雪や残雪を表しているといわれています。白いお餅にはひしの実が使われていて、血圧を下げる効果があることから長寿の願いが込められています。

緑色

緑色は大地や新芽、新緑を表していて、健康祈願の意味が込められています。緑色のお餅にはよもぎが使われていて、解毒作用や増血作用があり、女性の健康を考えて作られているのがわかりますね。

3色それぞれに子どもの健康を願う気持ちがぎっしり詰まっていたんですね。3色をつなげると、「雪が残るなかでも草が芽吹いて桃の花が咲く」という春らしさを表している意味もあるようです。昔の人は本当に感性が豊かですよね。

ひし形に込められた意味

菱餅がひし形をしている意味はいくつかあるようですね。主な意味を2つご紹介します。

  • 菱餅の白色のお餅にも使われているひしの実が、ひし形なのでそのままひし形にしたという説です。長寿祈願の意味が込められています。
  • ひし形は大地そのものを表しているという説です。菱餅の3色はそれぞれ桃の花、雪、新緑を表しているので、菱餅全体をまとめて大地としたのではないかといわれています。

桃の節句の食べ物 ひなあられ

ひなあられ
桃の節句の時に、雛人形と一緒にお皿に入れて飾られているひなあられ。このひなあられは昔、菱餅を細かくして炒って作られたものだったそうです。ですから、菱餅と同じくピンク(赤)・白・緑の3色が多いんですね。意味は、菱餅と同じと考えられています。

黄色が混ざって4色のひなあられもありますが、4色の場合は四季も表していて、ピンク色(春)・緑色(夏)・黄色(秋)・白色(冬)となります。1年を通して幸せを願っていますという意味が込められているんだそうです。親の愛情の深さがあらわれていますよね。

さいごに

桃の節句の食べ物の意味についてご紹介しました。どの料理にも、子どもの幸せと健康を願う、親の愛情がたくさん詰まっていたんですね。菱餅が3色なのは知っていましたが、3色それぞれに込められている意味までは知りませんでした。

また、子どもの幸福や健康祈願だけではなく、色を使って華やかな春らしさをだしてお祝いするというのも、日本らしい行事だなとあらためて思いました。