アクティナード
思うが儘を書き綴るブログ
ひな祭り

桃の節句のお祝い返しはするべき?おすすめのアイテムも紹介!

ひな祭り

女の子が生まれ、初めての桃の節句祝い。初節句のめでたい日ですから、親戚や友人知人からお祝いをいただくこともありますね。

節句祝いの後、気になるのがお祝い返しではないでしょうか? 節句のお祝いのお返しは必要なのか、お返しする場合はどうしたらよいか悩みますよね。

基本的に桃の節句のお祝い返しは必要ないといわれています。その理由や、必要な場合にはどうしたらよいか、金額相場やおすすめのアイテムも一緒にご紹介しますね。

桃の節句のお祝い返しが不要な理由 お食事会がお祝い返し

お雛様
桃の節句のお祝い返しが基本的に必要ないといわれている理由は、招待したお食事会がお祝い返しの代わりになるからです。

桃の初節句は、各家庭によって違いはありますが、一般的には雛人形を飾って、両家の両親や近隣に住んでいる親戚・兄弟など、主に身内を招待して食事会を開きお祝いします。

節句のお祝い返しが不要なのは、食事会に招待した人の場合です。主に身内になりますが、祖父母であれば孫の幸せと成長を願ってお祝いしてくれているでしょうし、兄弟姉妹だって姪っ子の幸せを願ってくれているはずです。お祝い返しを期待して祝っている人はいないのではないでしょうか。

不要とはいっても、お祝いしてくれる人たちへの感謝の気持ちは伝えたいですよね。みんなで食事でもしましょうとお誘いし、食事会を開くことでお祝いのお返しをします。家族の思い出も増えますし、楽しいお食事会を開くことがお返しになるのではないでしょうか。

お祝い返しが必要なのは遠方の親戚、友人、知人

お祝い返しとしての食事会に来ることが出来なかった親戚、また親しい間柄といっても家族ではない友人や知人に対しては、お祝い返しが必要です。

遠くに住んでいてあまり交流のない親戚に対しては、失礼のないように感謝の気持ちを伝え、お祝い返しを贈るのがマナーです。

まずは、電話で先にお礼を伝えましょう。その後、お返しを贈る際に、あいさつの手紙と一緒に子どもの写真を同封すると喜ばれると思いますよ。

親しい友人や知人に対しては、かしこまりすぎず相手にあったお返しを考えると良いですね。

お祝い返しの金額目安はお祝い金の半額程度

手土産の相場
では、実際にお祝い返しをする場合の金額の目安ですが、いただいたお祝い金の3分の1から半額くらいといわれています。

ご祝儀をいただいた場合は、金額がはっきりわかりますが、品物のみの場合もありますよね。
半値返しという言葉があるので、価格を調べる方もいるようですが、そこまでしなくても大丈夫なんですよ(笑)

そもそもお祝い返しの品物を気にして、節句のお祝いを贈る人はそうそういないはずですから。感謝の気持ちが大切なので、相手が気を使わなくて良い程度の金額(平均相場は3千円~5千円)で、定番の物をお返しするのが無難です。

桃の節句のお祝い返しは3月中に!

ひな祭り
お祝い返しは3月中を目安に贈るようにします。3月中であればマナー違反にはなりませんが、早すぎず遅すぎずで、お互いストレスの感じないタイミングで贈れるのが良いですね。

初節句祝いなどは、遠い親戚から早めにお祝いが届く事も多いです。そのような場合は、実際にお返しを贈るのは節句行事が終わってからですが、まずは受け取ったらすぐにお礼の電話をしましょう。その時に「節句が終わった後、あらためてお礼します」と伝えておくと良いです。

お返しを早く贈りたい気持ちもわかりますが、1週間も経っていないような場合、相手に対して早々とお返しを用意していた印象を与えかねません。

お返しを考えるのは悩んで大変なので、早めに選んでおくのはいいですが、実際に贈るのは1週間以上経ってからにした方が良いですね。

万が一、事情があって3月中にお返しを贈れなかった場合には、遅くなってしまったお詫びを一言添えると良いでしょう。

このような時のためにも、お祝いをいただいたらまずは電話でお礼を伝えておいた方が良いんですよね。お祝い返しを心待ちにしている人は少ないと思いますが、電話でのお礼があるのとないのとでは相手に与える印象が違ってきます。

お祝い返しにおすすめのアイテムをご紹介

ひな人形
さいごに、お祝い返しのおすすめをご紹介しますので、参考にしてみてください!

定番商品 タオルギフト

お祝いのお返しアイテムとして、定番中の定番ですがやはり一番おすすめできます。タオルって生活必需品ですけど、自分で品質の良いタオルってなかなか買うタイミングなかったりします。

おすすめブランドは、やはり今治タオルですね。価格、素材、種類とバリエーションが豊富なので、選びやすいですし肌触りも良くおすすめです。

目上の人へのお返しにおすすめ 日本茶ギフト

こちらも、定番になりますが日本茶ギフトです。お茶缶もおしゃれで素敵なものが多くお祝い返しにピッタリです。日持ちのするお菓子をセットにすることもできるので、おすすめです。特に目上の人へのお返しとして人気があるようです。

好みのものを選んでもらう カタログギフト

最近はホントにたくさんの種類のカタログギフトがありますね。お菓子、雑貨、グルメカタログと豊富なので、相手の好みがわからなくても贈りやすいのではないでしょうか。

金額設定も細かくされているので、お返しの品で悩んだ時にはカタログギフトにするという方も多いようです。ディズニーグッズのカタログもあるので、お子さんがいる友人や知人にも喜ばれるのではないでしょうか。

両家の両親へのお返し 名入れの写真立て

基本的に両親へのお返しは不要とされています。両親にとっては孫の健やかな成長が、何よりものお返しになるからです。

ただ、遠方に住んでいて孫の初節句を直接お祝いできない祖父母も多いと思います。お返しは不要とはいえ、感謝の気持ちは伝えたいですよね。そこで、おすすめなのが、名入れの写真立てです。子どもの写真を入れて贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

また、お店によっては名前と一緒にメッセージも入れられるタイプのものがあるようです。孫の初節句の記念として喜んで飾ってもらえるのではないかなと思います。

商品券・ギフト券を贈るときの注意

商品券もお返しに便利なアイテムですし、受け取る側としては、自分の好きな物を買えるので、実際喜ばれる内祝いギフトとして人気が高いです。

ただ、金額がはっきりとわかってしまうものです。お返しに商品券やギフト券を贈るのはマナー違反ではありませんが、ごく親しい間柄だけにしておいた方がよさそうですね。

さいごに

桃の節句のお祝い返しは、基本的にはお食事会を開き招待する事でお返しの代わりとされることがわかりました。

お祝い返しする必要はないのですが、やはり感謝の気持ちは伝えたいものです。お返しを選ぶのは、結構悩んで大変なのですが、相手が喜ぶ顔を思い浮かべながら探すと、案外すんなり良いお返しが選べたりするのではないでしょうか。