アクティナード
思うが儘を書き綴るブログ
夫婦のお話

夫婦仲が良い人たちの特徴まとめ。仲良しの秘訣はコレだ!

夫婦円満

縁あって、せっかく夫婦になったのに、関係がうまくいかず残念ながら離婚してしまう夫婦はとても多いです。その一方で、いつまでも仲の良い夫婦もいますね。

年配のご夫婦が、仲良く楽しそうに散歩をしているのをみると、微笑ましい気持ちと同時にうらやましかったりもします。どうしたら、いつまでも仲の良い夫婦でいられるのでしょう? 仲良しの秘訣、知りたくないですか?

そこで、仲良しの秘訣を探るべく、夫婦仲が良い人たちにはどんな特徴があるのかをまとめてみました!

仲の良い夫婦の特徴1 信頼関係が築けている夫婦

仲が良い夫婦の秘訣
「あそこのご夫婦はよくケンカしているけど、仲良いよね」とご近所に思われている夫婦がいます。普通、ケンカが多い夫婦は仲が悪いんだろうと思われますよね。ケンカが多くても、仲良しでいられる理由は、土台にきちんとした信頼関係が築けているからなんです。

相手に対して、信頼している気持ちをもっているので、ケンカをしても仲直りしやすく、引きずりません。大きなケンカをしたとしても、信頼し合っている2人なので乗り越えようとお互いが努力します。ケンカの後、さらに仲良し度が増すなんて理想の夫婦像ですよね。

仲の良い夫婦の特徴2 毎日ちゃんと会話をしている夫婦

夫婦で会話
夫婦仲が悪くなる理由に、「会話をしない」というのがあります。子どもができると、会話の中心は子どもの話ばかり。夫婦生活が長くなるにつれて、特に話題も見つからず会話も減っていく事が多いです。

会話の多い夫婦は、共通の趣味などなくても、例えばテレビを見ていてその内容について「あーだ、こーだ」と話します。話題がたとえくだらない内容でも、色々な事を毎日話していると相手の考え方などもよくわかってきます。

夫婦仲良しでいるためには、相手の事を理解する事が大切です。会話が多いと、長い間一緒に過ごしている間柄でも、「知らなかったな」という事が結構あります。お互いをよく知ることは、信頼関係にもつながりますね。楽しそうに会話をしている夫婦は、見ているだけで仲の良さが伝わってきます。

仲の良い夫婦の特徴3 「あいさつ」がきちんとできている夫婦

夫婦仲良しの秘訣、あいさつ
「あいさつ」は人間関係の基本中の基本です。夫婦だからといって、あいさつしなくてもいいという事にはなりませんね。

「おはよう」「おやすみ」、「行ってきます」「いってらっしゃい」、「ありがとう」などは当たり前すぎて忘れがちですが、とても大切なあいさつです。

新婚当初はちゃんとあいさつをしていた夫婦も多いでしょう。ところが、夫婦生活が長くなると「慣れ」のせいで、あいさつの大切さを忘れてしまうんです。特に感謝の気持ちをしめうす「ありがとう」はとても大切なあいさつですね。「ありがとう」と言われて気分が悪くなる人はいないはずです。

新婚当初と変わらず、あいさつができている夫婦は仲良し度が高いです。お互いをきちんと尊重している関係が保てていますよね。

仲の良い夫婦の特徴4 「寝室が一緒」な夫婦

寝室が一緒
調べていると、寝る部屋が一緒という夫婦は夫婦円満と答える人が多いようです。寝室を一緒にする理由は様々で、一番多い理由は「部屋数が足りない」という現実的な理由のようです。では、なぜ寝室が一緒な夫婦は仲が良いのでしょうか?

部屋が足りないという理由の他に、「寝る前にその日あった事を話せる」「安心感がある」「適度なスキンシップをとりやすい」などがあるようです。

寝る前に話す時間があるのは、コミュニケーション不足を解消できます。スキンシップについては、1日の疲れがたまった肩や腰をマッサージしてあげるだけでも、その優しさがうれしく思えて、夫婦仲の良さにもつながりますね。

仲の良い夫婦の特徴5 名前やニックネームで呼び合っている夫婦

ニックネームで呼ぶ夫婦
結婚して夫婦になり子どもが出来ると、お互いの呼び方が変わってくる事が多いです。子どもがいるご家庭で多いのは「パパ、ママ呼び」ではないでしょうか。それもごく自然な事ですし、決して悪い事ではありません。

ただ、子どもがいない時にも、いつものクセでパパママと呼びあっていると、父親母親という立場から抜け出せませんよね。ケンカをした時など、つい「あなたのお母さんじゃないんだけど!!」とヒートアップしてしまう原因になってしまう事も。

普段から名前やニックネームで呼び合っている夫婦は、1人の男と女としての関係でもあるという事を、お互いが忘れずにいるという面でも仲良しなんでしょうね。

夫婦仲をさらに深める仲良しの秘訣 マンネリ化を減らす努力!

昼間のデート
ご紹介した仲良し夫婦の特徴以外に、さらに仲の良さを深める秘訣をご紹介します!

子どもがいるとなおさらですが、2人だけで出掛ける事が少なくなりますね。子どもと一緒に出掛ける事ももちろん楽しいと思いますが、夫婦仲をさらに深める秘訣は、「マンネリ化を減らすこと」です。

あいさつをしなくなるのも、会話が減るのも夫婦仲が「マンネリ化」しているからです。たまにでもいいので、夫婦デートしてみましょう。「夫婦」という立場ではなく、「男女」としての関係を思い出すきっかけにもなるはずです。

また、「年に1回は宿泊旅行する」「3か月に1回は外食する」など日常から少し離れる事をするのもおすすめです。特に旅行は気分転換にもなりますね。

マンネリ化を減らす努力がいつまでも夫婦仲良くいられる秘訣です!

さいごに

離婚する夫婦が多いという現実をみると、夫婦がいつまでも仲良くいるのは難しいのかなと思ってしまいますよね。ですが、仲の良い夫婦の特徴を調べて見ると、どれも難しい事はしていません。

夫婦の形は夫婦の数だけありますから、仲良し夫婦の特徴が全ての夫婦に当てはまるわけではありません。ですが、今回ご紹介した特徴を参考に自分たちに向いている事を取り入れ、「仲良しでいいなぁ」と周囲の人が思わず言ってしまうような、仲良し夫婦を目指したいですね!